2014年11月28日金曜日

エンジニア科はひたすら伐採技術を磨く

50年生ヒノキ林で利用間伐体験


 こんにちは、JIRIです。今年のエンジニア科1年生はとことん伐採技術を磨きます。
本日のメイン講師は江崎林業の江崎尚史さん、江崎さんの指導で演習林の50年生ヒノキを
伐採します。

 ここは、JIRIの「測樹学」で林分を測定し、次の横井さんの「森づくりの応用」で間伐木を選木
し、そして今日、杉本さんの「木材の伐採と搬出」で伐採と造材、搬出です。


 江崎先生は「安全重視」の厳しい指導。発せられる言葉の節々が為になる。

 学生の手元が危うければ、手を添えて、丁寧な指導。・・・・学生にとっても貴重な体験。

ヒノキは掛かり木しやすいため、事前にチルホールと滑車で牽引して準備万端。


 造材では、なぜ今回は3mに造材するのか、どこが曲がっているのか、これ一本でいくらになる?

 単に丸太を切れば良いのではない。いくら儲けるために、どのような造材をするのか。それを
常に考えること。


 さて、来週も伐採作業の実習が続きますが、頑張りましょう!

以上報告、JIRIこと川尻秀樹でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿