2012年12月27日木曜日

短期技術研修「プレーパークのつくりかた」の参加者を募集します。

森林文化アカデミーでは「みのプレーパークの会」と「美濃市」との共催で
「『プレーパークのつくりかた』~今なぜ必要?つくり方は?リーダーのスキルとは?~」を開催します。

「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに全国に300団体以上もあるプレーパーク(冒険遊び場)が、岐阜県内にも誕生しました。

そして今、「私たちもプレーパークを作りたい!」「研修会をして欲しい!」という声が県内のあちこちで聞かれるようになりました。

そこで、全国初のプレーパーク(羽根木プレーパーク/1979年設立)で初代プレーリーダーとして活躍し、現在は日本冒険遊び場づくり協会の理事の天野秀昭(あまのひであき)さんを講師にお招きして、



 
 
 

 
 
 
 
1、今なぜプレーパークが必要か(講演会) 
 ※1日目の講演会については公開型で実施します。

2、プレーパークのつくり方(ワークショップ)

3、プレーリーダーの心構え(講義&実習)


の3本柱からなるプレーリーダー研修会を実施します。

2日目は、実際に「みのプレーパーク」を特別オープンし、研修参加者がナマの子供たちを相手にプレーリーダー体験しながら天野さんからのアドバイスを受ける実践研修も行う予定。

 
施設内宿泊施設(別途シーツ代1,000円が必要)もご利用できます。

   付: 2013210(日)~11日(祝)
         10(土)9時30分受付開始 /11(祝)16:30 解散予定
会  場: 岐阜県立森林文化アカデミー 森の情報センター(岐阜県美濃市)
対 象: プレーリーダーもしくは、プレーパークをつくろうとしている方
定 員: 20名程度(申込多数の場合は先着順)
     ※1日目の講演会については公開型で実施します。
参加費:  無料
     ※施設内コテージに宿泊希望の方は、別途シーツクリーニング代として1,000円かかります。
講 師: 天野 秀昭さん(日本冒険遊び場づくり協会 理事 大正大学特命教授) 
共 催: みのプレーパークの会
        美濃市
     岐阜県立森林文化アカデミー 短期技術研修
締め切り:2013127日(日)必着 (申込多数の場合は先着順)



研修の詳細、お申込み方法については → こちらのチラシ ← をご覧ください。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿