2014年10月19日日曜日

オトナの週末「森ヨガ」 〜自分と森につながる時間〜

毎回人気のYGJ(ヨガ・ジュピター)さんとのコラボ企画「森とつながる“森ヨガ”」、
今回も定員を超える20名以上の方が参加してくださいました。


県内はもとより、今回は東京からの参加者も!?森ヨガは、とにかくすごい動員力! 
しかも「アカデミーは初めて」という方や、森や林業、いつもの生涯学習講座とは普段あまり縁のない20代、30代、40代の女性が多かったのが印象的でした。

「森や林業から一番遠い人を、森とつなげること」

これも林業がチカラを入れていくべき課題のひとつだと思っています。


今回も前半は、森のトンネルをイメージした大きな木造建築のドームの中で
まずはポーズの時間。正面の大きな窓の奥には、緑がキラキラと映ります。

そして後半は、マットを持っていざ森へ
でも森に入ったら一言もしゃべりません。足の裏や五感をしっかりとつかいながら
森全体を体全体で感じて、呼吸も気にしながら一歩一歩、丁寧に歩きます。


森の中の広場についたら、みんなで「瞑想」の時間。
春の森ヨガとは、日差しも、風も、聞こえてくる音も、すべて違います。

最後は森の中で輪になってシェアリング。
身体全体で森を感じたからこそ出てくる素敵な言葉の数々。。

人間って、もともとはこうして森の中で輪になって語らってたんでしょうね。
ヨガを通してじっくりと森の中に入ることで、森が自分の中にしっぽりと入ってきます。

「もっともっとやりたい!」
「連続講座にしてください」
「早朝や夕方の森ヨガをやってみたい!」
「泊まり込みでぜひ企画してください!」

アンケートでは、そんな声をいただきました。
皆さんの声を大切にして、来年度の企画を考えてみようと思います。

「森とつながる森ヨガ」は、
来年度も皆さんと森の中でお会いできるのを楽しみにしています。


自然体験活動指導者
インタープリター養成コース
なんちゃってせんせい
萩原ナバ裕作

0 件のコメント:

コメントを投稿