2012年5月28日月曜日

木材市場見学

エンジニア科1年の木材流通に加えて、クリエーター2年の材料学実習合同で、木材市場に見学に行きました。昨年と同様、午前中は東海木材相互市場の大口市場へおじゃましました。石井常務から、木材市場の仕組みや現状をスライドで紹介していただいた後、市場内を見学させていただきました。見学した学生は大半が木材市場そのものを見学することが初めてで、いろいろなものが目移りしたのではないでしょうか。特にプレカット工場や、乾燥事業など・・・・。
実はエンジニア科1年生のみなさんには、製材工場、乾燥工場のことなど教えていない状況で、市場とはプレカット、乾燥もするところなんだと思われたのかな・・・・・・?
木材市場の本業そのものとその他の事業を授業で分けて整理して話しても、現実はそれらが渾然となり、わかりにくくしているのかもしれません。そして、市場そのもの以外にプレカットや乾燥事業を実施している経営戦略という市場の思惑など次第、次第に理解してもらいたいと感じた見学でした。
午後は本校の隣の郡上市美並町にある東海相互市場のサテライト美並です。小森営業係長に案内していただきました。並材を選別し、製材工場、集成材工場、合板工場行きに仕分ける作業を見学しました。5分もしない内に100本ほどが2人一組で仕分けられてゆきます。仕分け基準はお聞きしたもの、その素早い動きに学生一同呆然としていました。どれだけでこの達人になれるの?という質問が多かった。市場には出さないで、土場などで仕分ける県森連のシステム販売と同様の取り組みで、今後の主流になってゆく予感を感じ取った一日でした。
IMG_4985.JPG


0 件のコメント:

コメントを投稿