2012年12月28日金曜日

木造建築の新しいかたち(その21)


こどもたち向けの建築に関する職業体験の講座【その3】


こどもたち向けの建築に関する職業体験の講座を視察に伺いました。まさに「住育」における職業体験ですね。

電気屋さん、水道屋さん、鉄筋屋さん、地盤屋さん、設計士さん、土木屋さん、足場屋さん、造園屋さん、瓦屋さん、左官屋さん、測量屋さん、内装屋さん、タイル屋さん、畳屋さん、大工さんなどなど、木造建築に関わる多くの方々が、こどもたちに職業体験をしていました。

大工さん:小さい木造建築の建て方をしています☆

内装屋さん:上手に内装貼れるかな?

土木屋さん:こどもたちがユンボで砂袋を運んでいます。

瓦屋さん:瓦を並べています。

私の小さい頃にもこのような職業体験ができる機会があると良かったなぁと感じています。

次回は、私も仲間に入れて戴きまして、是非『木質構造設計者』ブースを創設したいと考えています。関係者の方、宜しくお願いします。


園児や小学生たちの「将来つきたい職業」で、ベスト5ぐらいに『木質構造設計者』がエントリーするようになることが、私の夢でもあり、私の使命であると考えています。


(こどもたち向けの建築に関する職業体験の講座シリーズ  これにて 完 )


0 件のコメント:

コメントを投稿