2013年7月4日木曜日

県政広報番組の収録がアカデミーでありました



 73日午後、アカデミーの森の情報センターを会場に、岐阜県政広報番組のビデオ収録が行われました。

 この番組は、昨年度から始まった「清流の国ぎふ森林・環境税」を使った取組みを紹介しつつ、森林関係者と岐阜県知事が、すみよい環境づくりや人づくりについて語り合い、県民の皆さんへの今後一層のご理解とご協力をよびかけようというものです。

 出演したのは古田肇岐阜県知事のほか、稲本正氏(オークヴィレッジ(株)代表)、
涌井史郎森林文化アカデミー学長の3名による鼎談(ていだん)。

 撮影には、ものづくり講座の学生さんが作った作品等が小道具として花を添え、しかもお三方が座られた椅子もまた学生等の作品だったりと、アカデミー色をそれとなく演出してあります。

 収録は和やかな雰囲気で、かつ色々な話題が飛び出し、とてもよい番組になるのではないかと思いました。詳しくは以下の放送でごらんください。

放送予定日
県政テレビ番組「ぎふ県政ほっとライン」ぎふチャン放映
本放送 平成25717日(水)18001830
再放送 721日(日)730800724日(水)18001830

なお、鼎談の内容は、岐阜新聞728日(日)朝刊にも掲載される予定です。


0 件のコメント:

コメントを投稿