2013年8月19日月曜日

短期技術研修 『木造建築の神髄! 第2回「木造建築AWARD」』 の作品募集の御案内

昨年度に引き続き、第2回「木造建築AWARD」を開催致します。
今年は、「岐阜県木造住宅アドバイザースキルアップ講座」との連携をして、建築実務者・専門家審査をおこないます。

皆様の渾身の一品の応募を心よりお待ちしております。
また、周囲の方に応募の御案内を宜しくお願い致します。

目的とスケジュール概要などを以下に示します。

【目的】
 岐阜県立森林文化アカデミー・短期技術研修部門 「木造建築AWARD」では、
森林、木材や木造建築について、先進的な木造建築を発掘し、
充分に理解した設計者を育成するために、
「木造建築AWARD」設計コンペを実施します。

【スケジュール】
(1)作品の登録期間(登録用紙はkohara@forest.ac.jpまで御問い合わせ下さい。)
  平成25 年8月12 日(月)~9月6 日(金)

(2)作品の提出期間
  平成25 年9 月2 日(月)~11月5 日(火)

(3)書類審査
  建築実務者・専門家審査を実施する作品を選びます。

(4)展示期間
  平成25 年11月8日(金)~11月21日(木)
  森林文化アカデミーにて

(5)一般審査
  平成25 年11 月9 日(土)~11月10日(日)
  森林文化アカデミー学園祭「翔楓祭」内にて

(6)建築実務者・専門家審査
  平成25 年11月22日(金)
  森林文化アカデミー短期技術研修にて
  兼
  岐阜県庁県産材流通課主催「岐阜県木造住宅アドバイザースキルアップ講座」の1科目にて

(7)表彰
  平成25年12月10日(火)16:00~16:30
  森林文化アカデミーにて


【応募ならびに応募作品】
(1) 主な構造部材として木材(主として地域材、特に岐阜県産材であること。ただし、外国産材も応募可。)を利用し、主旨・目的に沿った特質をそなえる建築であること。

(2) 建築の分野は、住宅、一般建築(公共建築など)を問いません。工事の種類は、新築、増築、改築などを問いません。

(3) 応募作品は日本国内に実在し、公開審査日(11月22日)までに竣工から一年以上経過したものとします。

(4) 作品の他賞への受賞歴は不問です。ただし、これまでに「木造建築AWARD」に応募した作品の再応募はできません。

(5) 応募に要する費用、一般審査や公開審査に要する費用、表彰に要する費用など(主として、郵送代、交通費など)は応募者の負担とします。


その他詳細につきましては、
第2回「木造建築AWARD」を参照してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿