2015年4月21日火曜日

演習林にヒノキを植林しました。

エンジニア科の森づくり実習で、アカデミー演習林の伐採地に自家製のヒノキ苗を植え付けました。


前回掘り取ったヒノキの苗を、苗袋に入れて現場に運びます。 



2年生の授業も同時に進められています。こちらは、森づくり指導実習として、1年生への指導の補助と、作業のリーダーとして指導力を身に付けるための実践です。

初めにストレッチ体操をします。リーダーは2年生です。 次からは1年生にやってもらいます。




植え付けの前に、地拵えについて説明を受け、少しだけ作業を体験しました。
今回の場所はすでに先輩方により地拵えを終えていたので、すぐにに植え付けることができました。植え付け方法について現地で説明を受けます。使用する道具はトウグワです。



しっかり踏みつけないと浮いてしまいます。やり直しの指示も出ていました。



2年生は、獣害対策のネット張りも手伝いました。



時間いっぱいかかりましたが、予定した場所をすべて植えおわり、皆満足した表情でした。



余った苗を再び苗畑には運び仮植えしました。


整理体操です。





道具の泥を落とし、元あった場所に返却して終了しました。

 今回の体験を活かし、次は郡上市高鷲まで出向き、民有林の地拵えと植林を行います。


 以上報告は原島でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿