2012年6月20日水曜日

エンジニア科 「林地を測る」の授業でコンパス測量実施

エンジニア科 「林地を測る」の授業でコンパス測量実施

 エンジニア科1年生の授業 「林地を測る」 でコンパス測量を実施しました。

 本日は台風が迫る中、森林文化アカデミーのメイン校舎周辺を周囲測量です。河川沿いや駐車場沿いとはいえ、アップダウンあり。
 しかも雨天という悪条件で傘をさしながらの測量です。

 道具は (1)牛方式ポケットコンパス
     (2)木製三脚
     (3)50m巻き尺
     (4)測量ポール
     (5)野帳です。
 これらを使って、誤差率1/100を目指します。

240619%97%D1%92n%82%F0%91%AA%82%E91.JPG

240619%97%D1%92n%82%F0%91%AA%82%E92.JPG

 台風による雨が降っていますが、傘をさして測量しています。川沿いの測線は木々が覆い被さって薄暗くかつ見通しが悪い。逆に駐車場側は明るく見通しが良い。

240619%97%D1%92n%82%F0%91%AA%82%E93.JPG

 校舎周囲を測量したら情報処理室で測量計算です。パソコン上にあるエクセルソフトで
  (1)方位角  (2)高低角  (3)斜距離  の三項目を入力します。
 最近は便利なもので、磁北偏差修正も作図もしてくれます。

240619%97%D1%92n%82%F0%91%AA%82%E94.JPG

 精度は1/235だった。まずまずの出来あがり。次回はレーザーコンパスでの測量です。さぁこれからが本番だよ。

 以上、ジリこと川尻秀樹からの報告でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿