2012年11月12日月曜日

2012翔楓祭2日目

さて、11月11日翔楓祭は二日目となりました。

本日の天気は生憎の曇りで後に雨が降りとても寒い日となりました。ですが、たくさんの方たちにご来場いただけました。

ひとまず、1日目に行けなかったブースにもお邪魔してきました。



クリスマスオーナメント作り 



木工旋盤教室

そして、諸事情によりテクニカルAの広場よりアカデミー校舎側に引っ越してきました、きのこ汁とシカ肉カレー。 





昨日は両方とも食べることができませんでしたが、本日は食べることができました。

総合受付にいる最中、一人の女の子がアカデミー内に落ちているドングリを集めて持ってきました。そこで川尻先生がドングリのカクト(ドングリの帽子)を使って、草笛のように音を鳴らしていました。

自分たちもやってみたのですが、なかなかうまくいかず・・・ 



一部の人は音を出すことができました。自分は最後まで鳴らすことができませんでした。 



ここでちょっとドングリについて。ドングリの帽子はカクト(漢字では殻斗)と呼ばれます。樹種によってこのカクトの模様が変わってきます。大まかに分かれて、リング状になっているのがカシ類のドングリ、ウロコ状になっているのはナラ類のドングリになります。

今回のはウロコ状のカクトなのでナラ類になります。おそらくは、ミズナラのドングリだと思います。

少し翔楓祭の内容と脱線してしまいましたので戻ります。 





アカデミーの卒業生の方も来てくれました。二人とも遠路からありがとうございます! 



雨の中でもチェンソーアートしてくれた下野さんに感謝。やはりチェンソーで作業する男の人はかっこいいと思います。 



最後に原島先生のアコースティックギターライブを鑑賞して翔楓祭は終了しました。

なんとか今年の翔楓祭を無事に終わらせることができました。

いろいろと疲れましたが楽しかったです。翔楓祭の中心になってくれた実行委員長の諸橋さんと田中さん本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございます。

もちろん実行委員のメンバーの方たちもよい働きをしてくれたと思います。ありがとうございます。

そして、協力してくれた方、参加していただいた方たちにも本当に感謝しています。

来年もまたよい翔楓祭にできるように頑張りましょう!

翔楓祭実行委員会 水島

0 件のコメント:

コメントを投稿