2012年11月15日木曜日

「森林経営計画実習」最終日

 クリエーター科林業再生講座2年生の「森林経営計画実習」が、最終日を迎えました。これまでに自分たちで調べ、計画したことの発表会です。

 時間が十分にない中、現地を踏査し、林分の現況を調査し、林分の取り扱いを考え、作業システムと路網を考えと、この2週間あまりで多くの作業をこなしました。基本となるのは、この1年半で学んできたことです。忘れたことはノートを見て思い出しながら、一所懸命に計画を立てていきました。

 学生1人ずつ、計画を発表しました。とくに重視したのは、どんな林業を展開していくのかという長期方針です。 どの学生も、自分で林業をやった経験がない中、このお題にはかなり頭を悩ませたようです。




 一通り発表が終わったところで、討論です。教員(川尻・菊地・杉本・横井)からだけでなく、学生からも容赦ない質問が出されます。


 できあがった計画は、十分に満足いくものではなかったかと思います。しかし、この授業で重要なのは、計画をつくる過程を経験すること、その中でどんな知識・技術が必要なのかを知ることです。また、作業を進めるときの段取り付けも大切な学習要素です。 これらの経験が、社会に出て生きることを願うばかりです。

  by 横井秀一

0 件のコメント:

コメントを投稿