2013年7月12日金曜日

地域の資源を使って階段づくり〜生涯学習「木から樹へ」

生涯学習「木から樹へ」の3回目です。

この生涯学習講座のテーマは、
「森林資源を活用した里山・地域文化と木育建築」
ということで、地域の資源を使いながら地域の文化や建築について考えていきます。

午前中は真長寺さんの部屋の中で講義です。
去年の「木から樹へ」で関わった美濃保育園の取り組みを紹介しました。


地域資源を使った建築を通して、地域の歴史を振り返ったり、
地域の人の関わりを増やしていったり、いろいろな人が集まって
「地域や自然の持続性」について考える活動の紹介でした。

取り組みの紹介後、
今回は真長寺の保存会の皆様や地域の方も参加しており、
この三輪の地域の在り方を考えるディスカッションに発展。



「どうやって地元の人を巻き込めば良いのか」
「この地域に人を集めるためにはどうすればよいのか」
生涯学習講座の参加者からの意見もあり、
計らずもいいワークショップになりました。


午後からは前回の続きの階段づくりです。

杭を作って、


階段をつくります。




完成するとうれしいですね。
暑かったですが、満足感が表情に出ています。





最後に記念写真です。
今日の活動がこの地域の活動のきっかけになるよう皆で期待しつつ
講座を締めくくりました。




お疲れ様でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿