2014年4月18日金曜日

Love in the Forest 愛が森にやってきた! 〜デボラさんと一緒に、みんなつながる森ヨガ&森のようちえん〜



とうとうやりました。
ハワイ島から来日中のデボラ・コーエンさんを特別にお招きしての
親子で遊ぶ森ヨガ&森のようちえん体験。

当日は、ぽかぽかの天気の中、県内はもとより愛知県や石川県からも
17組40名もの親子が来てくれました(平日だというのに!)


まずは窓の外の森を見ながら、デボラさんと一緒に
森のトンネルをイメージして創られた広〜い木造建築「森の情報センター」内で
親子ヨガ体験!?

ヨガといっても、難しいことやるのではなく、楽しみながらやっちゃおう!
ということで、



鳥やカエルやヘビやウサギなど森の中の生き物になりきったり
木になってみたりしながら、ヨガのポーズを遊びながら体験。



お母さんたちがつくる森の中(トンネル)をいろんな生き物になりすました
子どもたちがくぐるシーンも。



親子で手をつないでポーズをとったり、肩をたたきあったり
お母さんの「木」の中でぐっすりと眠ったり。。



たっぷりと親子のスキンシップをとりながら、森をテーマにした親子ヨガ
体験をしました。

その後は、お弁当を持ってデボラさんと一緒に森の中へ。
デボラさん、実はかつてOBS(アウトワードバウンド)の指導もしていた
というバリバリのアウトドア好きとだけあって、森の中が似合います。



「前に進もうとするのではなく“今ここ”を大切にしながら」森を全体で感じながら、
森のようちえん「森のだんごむし」がいつも活動拠点にしている山の中の小屋へ。




森の木々に囲まれながらゆったりとお弁当を食べたあとは、森のようちえん自由時間。

子どもたちは、自由自在に森とつながります。
やっぱり子どもたちには森が似合います。


お母さんたちは、森の中でゆっくりと座ったり、寝転んだりしてリラックス。

世界中を冒険しながら半分ホームスクーリングで子育てをしたデボラさんを囲んで、
子育ての話にも花が咲きます。

ヨガのインストラクターとしてだけでなく、
母として、人生の先輩として、
本当にステキなデボラさんが発する一言一言に
お母さんたちは、感激してました。(涙こぼしてた人も。。)


最後に、森の中でみんなで手をつないでのヨガ。
森の中で、森と人、人と人が、気持ちよくつながり
愛に満ちたステキな空間ができました。


「また来年ゼッタイゼッタイゼッタイこの企画やってくださいね!」

そう言ってひとりのお母さんが帰っていったのが印象的でした。

忙しい来日スケジュールの中、わざわざ岐阜に立ち寄ってこうして一緒に
過ごしてくれたデボラさん、そして通訳として活躍してくださった
インストラクターのTOKOさん、参加してくれた皆さん、本当にありがとう。

森ってほんとうにステキな空間ですね。


自然体験活動指導者
インタープリター養成コース
なんちゃってせんせい
萩原ナバ裕作







0 件のコメント:

コメントを投稿