2015年5月11日月曜日

クリエーター科1年生、林業の世界を学び始める

先月(4月)末から、クリエーター科の専門科目がスタートしました。林業を学ぶ学生の最初の授業の一つが、「これから2年間をかけて学ぶ林業のことを知る」というものです。

この授業、学生にお題を与えて、学生が自ら調べて発表し、教員が補足するというゼミ形式で進めています。 お題は、



木材関連産業
木材の流通
木材の価格
造林・育林コストと木材生産コスト
森林資源と木材生産量
林業の機械化と路網整備
林業の担い手
林業政策と施策
諸外国の林業
林業の新たな取り組み




といったものです。いずれも、この後の授業できちんとやりますが、この授業で「自分たちが学ぶ林業ってどんな世界なの?」ってことを自分たちで調べて、その世界観を少しでも持ち、また垣間見える課題に対する問題意識を持って学び始められることを狙っています。



準備時間が短い中、どの学生もがんばって調べて、まとめて、発表しています。ネタの出所は、森林・林業白書や林野庁の統計資料など。こうした基本的な情報に加え、オッというような目の付け所があると、こちらも楽しくなります。あと8コマ、がんばりましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿