2016年1月7日木曜日

ナバが見た!ドイツ「森と人をつなぐ教育」報告会 in 東京 〜森のようちえんから 森のビジターセンターまで〜


 ドイツのロッテンブルグ大学と協定を結び、ますますパワーアップした岐阜県立森林文化アカデミー。この新たなつながりのもと、ドイツの「森と人をつなぐ教育」の現場を、私ナバが2週間かけて見て来たことの報告会を、2月5日(金)夕方に東京で開催します

 


















森のようちえんはもちろん、

*シュタイナー保育園内の「森のようちえん組」!?
*お母さんたちが創った「放課後自然学校(子ども登録数230人)」
*プレーパークとふれあい牧場が一緒になった「ユースファーム」
*人がつながる「駅前共同農園」
*森林空間を活かした仕掛けだらけの「センサリー・パーク」
*メチャクチャ徹底してる「森の教育指導者育成プログラム」
*年間来訪者9万人!?「クレイジーな木製テーマパーク」
*中国にもコピーができた!?「森のビジターセンター」

などなど

「森」と「人」をつなぐ様々な教育現場を20カ所以上「チラ見」!してきました。


その中から「コレいいね!」を独断と偏見で選び、皆さんにご紹介する2時間です。地域の資源を活かした活動の「ヒント」が見つかるかも!? 当日会場で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。



日 時:2016年2月5日(金) 18:30〜20:30(18時ごろ開場予定)
会 場:モンベル御徒町店 4Fサロン(東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町
ホスト:萩原・ナバ・裕作 
   (岐阜県立森林文化アカデミー「自然体験活動指導者・インタープリター養成コース」准教授)

参加費:無料
申込み:不要(当日直接会場にお越しください。受付にて受付簿に記入をしていただきます)
問合せ:090−9239−9187(当日17時半以降のお問い合わせはご遠慮下さい。)  
主 催:NPO法人 日本エコツーリズムセンター(http://www.ecotourism-center.jp
    岐阜県立森林文化アカデミーhttp://www.forest.ac.jp/index.html) 
協 力:株式会社モンベル(https://www.montbell.jp
    




<さらに…>
翌2月6日(土)には「森と木の仕事セミナー」を新宿(オスモカラー東京ショールーム)にて13:30から開催。(私ナバも行きます。)森と木に関するシゴトに興味のある方、森と木に関わるシゴトに就くための学校、森林文化アカデミーに興味のある方、是非ご参加下さい。

詳しくはアカデミーのHP(http://www.forest.ac.jp)をご覧下さい。






0 件のコメント:

コメントを投稿