2011年7月7日木曜日

森林GIS  林業情報ITの授業

森林GISに関する「林業情報IT」授業 前期分終了

森林文化アカデミーエンジニア科2年生の授業で、パソコンを利用した
森林GISに関する「林業情報IT」の授業があります。

この授業は年間を通して実施されますが、毎回朝から夕方まで一日間、
森林情報処理にどっぷり漬かる。パソコンの苦手な人や室内作業が苦手な
人にとっては、ある種苦痛な授業です。

岐阜県には県民誰もが使える「県統合型GIS」があり、ほかにもArcGIS
を駆使して、森林簿と合体させれば、相当な情報資料が作成できます。

%90%EC%90K%8FG%8E%F7%81E%90X%97%D1GIS%81%401.jpg

毎回ながら、パソコンと悪戦苦闘するのですが、今回は森林文化アカデ
ミーの演習林を舞台に、実際に森林情報を組み込み、そこに300mの作業
路を開設すると、どれくらいの立木を収穫できるかを各自がシミュレーシ
ョンしました。

作業路つけて伐採し、もうけるのは大変なことだと気づきました。

%90%EC%90K%8FG%8E%F7%81E%90X%97%D1GIS%81%402.jpg



0 件のコメント:

コメントを投稿