2013年1月24日木曜日

チルホール3台で牽引!枯れたアカマツの伐採

エンジニア科1年生の実習で,
林道脇の枯れたアカマツの伐採を行いました。

直径で70cm近くある巨大なアカマツです。
しかも枯れていて,先端部の枝が今にも落下しそうです。

林道側に傾いているのですが,
林道側に倒すと,林道脇のヒノキや舗装を痛めるため,
山側に倒すことになりました。

牽引能力1.6tのチルホールと750kgのチルホール×2台
合計3台ものチルホールを用いて伐採を行いました。

一本ハシゴを4本連結して登り,ワイヤをセットしていきます。



伐採後のアカマツです。周りが腐っており,ツルとして効く部分が少なくなっています。



枝が真っ二つに折れて,
根株側に落ちてきました。一部は,林道まで落下。
枯れたアカマツの伐採の怖さを身をもって体験しました。

無事に伐倒できて,山の神様に感謝です。
これで今年度のエンジニア科の伐採実習は終わりです。
現場を指導していただいた江崎先生,ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿