2014年6月10日火曜日

ワサビ田植え付け本番!


前回(約2週間前)、作土洗いと仮植えまでを行った郡上市明宝のワサビ田で、いよいよ本番の植え付けを行いました。

しかし、当日はあいにく天候が悪く、午前中は作業を見送ることに・・・。

そこで、ワサビ田の管理人で森林文化アカデミーOBである「森農楽舎山んなか」の山中亘さんとお話させていただくこととなりました。
 
 

 
 

場所は郡上市明宝のNPO法人「ななしんぼ」さんが運営するコミュニティカフェ。

 アカデミー入学からワサビ田を管理することになるまでの経緯をお聞かせいただき、私たちの疑問・質問にも快くご回答くださいました。

 
単にワサビをお金に換えることだけを考えておらず、ワサビづくり体験を通して達成感や満足感、そして共感できる仲間を得ることを目指されておられ、感銘を受けました。

その後、地域おこし実践隊で、ななしんぼスタッフでもある岩本理斉さんにもお話を聞くことができました。
 
 




 様々なお仕事を経て現在まで至った経緯、そして今後どうやって明宝の価値を発信していきたいかなど、様々な角度からのお考えをお聞きでき、大変刺激になりました。

午後からはいよいよワサビ田へ!

豊富でキレイな水量が命のワサビ田へは、途中数多くの難関が我々を待ち構えています。




 しかしそこは助け合い精神の大事さがわかっている我々、チームワーク抜群です。

  まずは、獣害対策が不要となった箇所の杭とネットの撤去から作業開始。





続いて、前回不十分だった植え付け準備と、周囲の獣害対策ネット補強などを終え、いよいよワサビ植え付け本番!


 

 
 



 



そして植え付け完了後は、再び獣害対策を施します。

以前、苦汁を飲まされた先輩方の経験はムダにしません!
 


 
 

無事に成長して、収穫の喜びをみんなで分かち合えますように!
 

山村づくり講座1年 近藤真主(ダニー)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿