2015年2月19日木曜日

駅前山村留学の第一回目を実施してきました!

昨晩,岐阜駅前の岐阜シティ・タワー43で駅前山村留学を実施しました。駅前山村留学は本学の山村づくり講座での学びをアクセスの良い岐阜駅前で体験してもらおうという趣旨のもと,企画されました。今回は第一回目ということで「山村の隠れた名品を訪ねる旅」という内容で,卒業生の柏春菜さんと在学生の前原融さんに,それぞれの取組をお話してもらいました。

柏さんの発表では「岐阜県郡上市明宝へ,ようこそ」というタイトルで郡上市明宝の魅力を紹介してもらいました。そして,現在,柏さんが明宝ツーリズムネットワークセンターで取り組んでいる「体験観光ツアー」についても紹介してもらいました。

そのコンセプトは「今ある地域資源を活かす!」です。郡上市明宝では,「農家民泊」や「寒水(かのみず)踊りと下駄づくりワークショップツアー」,「日出雲のめぐみ田植え・稲刈り体験会」などを実施しているとのこと。春夏秋冬と季節ごとのイベントが目白押しです。詳しく知りたい方は明宝ツーリズムネットワークセンターのブログを御覧ください。

続いて,前原さんの発表では,前原さんが人生をかけて?岐阜県高山市朝日町で取り組んでいる「わらび粉プロジェクト」について紹介してもらいました。

「皆さんは本物のわらびもちを食べたことがありますか?」との問いかけから始まり,ワラビの地下茎を掘るところから始まる伝統的なわらび粉づくりの話に,みんな聞き入ってしまいました。

その後,前原さんによるわらび餅づくりの実演がありました。本物のわらび粉でできた,のびーるわらび餅に参加者のみなさんもおどろいていました。

二人の話には参加者からも活発な質問があり,1時間半の予定時間はあっという間に終わってしまいました。参加いただいた皆さま,ありがとうございました。第二回の内容や時期はまだ未定ですが,どうぞお楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿