2015年6月17日水曜日

励め繰り返し練習、チェンソー技術向上のために

ただただ、繰り返し練習あるのみ!


 みなさん、JIRIです。先月までエンジニア科1年生とクリエーター科林業再生講座1年生が
チェンソーの基礎的実習を続けてきましたが、今日から実際の伐採に向かうべく、繰り返し
練習に入りました。

 まずは、受け口と追い口伐りを丸太で練習です。丸太を固定したら、チョークで受け口や追い口
を書いてイメージトレーニング通りにチェンソーワークできるかどうかを確認。


 人によって伐倒方向や伐り方が違います。それをイメージするのが重要。

   繰り返し連取がなければ、イメージもふくらませることが出来ません。



 女性だって当然頑張っています。受け口を伐りながら手元は勿論、刃先は、奥はどうか?

 時折、チェンソーを止めて確認します。 奥では原島先生が見守っています。


 受け口ができたので、次は追い口伐りです。

  ポイントは水平に伐れているか。 ツルは均一な厚さで直径の10%程度になっているか?
 手前はともかく、奥は伐り過ぎていないか。

さて、明日も一日練習と立木伐採です。明日も、明後日もチェンソー練習頑張りましょう。

以上報告、JIRIこと川尻秀樹でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿