2016年2月29日月曜日

3月4日夜・子どもたちの放課後を変えた秘密を公開!?     福岡市から仕掛人たちが 一晩だけ勢揃い!

「放課後ランド・なるほど!サロン」




ゲーム、テレビ、ネット、習い事に埋め尽くされ、
外でほとんど遊ばず、
「時間」「仲間」「空間」や、
本当の「居場所」や「遊び」を失ってしまった
現代の子どもたちの放課後。。。。

このままで大丈夫なんでしょうか?
 
 そうした中、私たち放課後ランド実行委員会は、昨年7月に試行&2016年3月12日〜15日にも開催予定の「放課後ランド」の、常設化(平日継続開催)の実現に向けて奮闘中です。

 その一環として、市内90校以上の放課後の校庭で、子どもたちがランドセルを置いたまま週3回も自由に遊べる遊び場づくりを官民の見事な連携で実現させた、福岡市の「わいわい広場」の仕掛人をお招きして、この優れた先行事例に学ぶ機会を設けました。

*ランドセルを学校においたまま
*校庭で週3回、自由に遊べる
*しかもそんな空間が、市内90校で同時開催されている!?

そんな福岡市の驚くべき放課後を創り、今なお支え続けている仕掛人たちが、はるばる
福岡市から、森林文化アカデミーに1日だけ勢揃い。



一体どんな背景から生まれたのか?
どんなシステムでやっているのか?
そもそもそんなスゴイこと実現させちゃった秘訣は?
行政との連携はどのようにしているの?
これからの課題は?

などなど、いろいろ聞いてみたいと思います。

 今後子どもたちの放課後を改善していくために、保護者の方はもちろん、興味のある方、学校、教育、行政関係者の方、是非ご参画ください。

*「わいわい広場」を紹介してるサイト:


開催日時:2016年3月4日(金)18:30〜20:30(18:00受付開始)
会  場:岐阜県立森林文化アカデミー内 テクニカルセンターA棟2F
     (美濃市曽代88番地) HP:http://www.forest.ac.jp/index.html   
               *学内は迷いやすいので学校HP内「構内地図」を必ず事前にご確認ください。

講  師:古賀彩子さん(PLAY FUKUOKA代表)
     横山正幸さん(福岡教育大学 名誉教授)

     松本信一さん(福岡市こども未来局こども部 放課後こども育成課遊び場づくり係長)
       その他(PLAY FUKUOKAの若手の皆さん)

参加無料:(定員 80名程度)

* 遠方の方で宿泊希望の方は、森林文化アカデミー内の森のコテージに宿泊可能です。
  事前にお申し込み下さい。(先着15名。シーツ代1,000円別途必要です。)

お申込み:サロン参加の方は、申込み不要(当日直接会場にお越し下さい)

宿泊申込: *宿泊を希望される方は、以下申込み先まで 
       ①氏名(ふりがな)②年齢 ③性別 ④住所 ⑤連絡先 を明記の上、
       「なるほどサロン宿泊希望」と宛名を書いて、以下メールアドレスまで
       お申込み下さい。(3月2日〆切) 
       宿泊申込み:navanava@pop02.odn.ne.jp 
    

主  催:放課後ランド実行委員会
協  力:美濃市、岐阜県立森林文化アカデミー


お問合せ:放課後ランド実行委員会 担当(萩原:090−9239−9187)


当日予定:18:00    会場
     18:3019:30 「わいわい広場」事例紹介

                講師:古賀彩子さん(PLAY FUKUOKA代表)
                   横山正幸さん(福岡教育大学 名誉教授)
                   松本信一さん(福岡市こども未来局こども部)
     19:3020:30  質疑応答タイム (21:00 終了予定)


<担当>
自然体験活動指導者・インタープリター養成コース
なんちゃってせんせい
萩原ナバ裕作 

0 件のコメント:

コメントを投稿