2011年9月10日土曜日

「水のわなげ」できました

��月の最終土曜日に岐阜県美術館にて年長から小学3年生までの子どもと親等を対象に生涯学習講座が開催されました。
その名も「親子木育ワークショップ 木のおもちゃづくり『水のわなげ』」です。

今回の「木のおもちゃづくり」のテーマは
「木について学びながら、オリジナルの輪投げをつくり、水の上で浮かべて遊ぼう」です。

目標は4つ
 1、いろいろな色・匂いの木があることを体験する。
 2、木の重さを体験的に学ぶ。
 3、木の手入れ法を体験的に学ぶ。
 4、サンドペーパー・のこぎり等を安全に使うことができる。

そして、なんといっても「つくることを楽しむ!つくったもので楽しむ!」ことも大切です。

最初は「木の話」

このはっぱはどのきのはっぱ?どんなきかな?
どんなにおいがする?
さわってみたら、どんなかんじがする?
きのふとさはどのくらい?
きのおもさはどのくらい?

子どもも大人も考え、体感します。

DSCF0246.JPG


木について少し分かったところで「道具の話」

今回使用する道具はのこぎりです。
のこぎり初挑戦の子も。真剣な眼差しです。
DSCF0299.JPG


疲れたところで「えほんタイム」

アカデミーものづくり講座の学生による絵本の読み聞かせです。
こちらも真剣な眼差しで聞き(見)入っています。
DSCF0219.JPG


さあ、「わなげ」をつくります。
まずは「島」となる土台と、土台につく「棒」のおはなしを考えます。
DSCF0236.JPG


どんな「わなげ」にしようか、絵本を見たり、親子で話し合ったりしておはなしを考え
「島」と「棒」の設計図を描きます。
DSCF0245.JPG


小学校2・3年生は糸のこ盤も使いました。
アカデミー学生に使い方を教えてもらい、「島」を糸のこ盤で切っていきます。
DSCF0296.JPG


次に「島」をサンドペーパーでみがきます。ザラザラなところをつるつるにします。
DSCF0293.JPG


「わなげ」ですから「わ」も必要。
好きな大きさにチューブを切り、つなげて「わ」にします。
DSCF0288.JPG


そして、「島」と「棒」にアクリル絵の具で色をぬります。
完成に近づいてきました。
RIMG0908.JPG


色ぬりが終ると、ドライバーを使い「島」と「棒」を組み立てます。
すると・・・。
参加者それぞれにすてきなおはなしとともに「島」と「棒」ができあがり
個性豊かなオリジナル「水のわなげ」の完成です!
RIMG0909.JPG


最後は水に浮かべて「水のわなげ」の「発表会」。みんなで遊びました。
RIMG0910.JPG

参加したみなさんからは、
「親子で一つのものをつくる機会がなかなか無いので、よかったです。またつくりたいです。」
「家庭ではやれそうで・・・なかなかできない体験ができました。本物ののこぎりで木を切ることができました。」
などの感想を聞くことができました。

「木のおもちゃづくり」のテーマに沿って目標も達成していただく事ができました。
楽しんで「木(樹)」に触れ、学び、体験していただけた「木のおもちゃづくり」でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿