2011年10月12日水曜日

フィールドワーク|干し柿づくり

111012hosigaki.JPG
エンジニア科の授業,フィールドワークでは,自然を観察する際に必要となる技術を学びます。今日はイラガやシャクガの仲間の幼虫の同定やバラ科やブナ科の果実の観察を行いました。

その際に,カキが果実をつけていたので,採取してきました。もちろん,そのままではシブくて食べれたものではないため,干し柿にします。選定ばさみで枝を残すようにして切り分け,それを一ずつビニールひもでしばり,皮を剥いてから,モジュール状に連結します。風通しの良い日陰に1ヶ月ほど干して完成させます。

0 件のコメント:

コメントを投稿