2012年3月5日月曜日

事件です。(自力建設2011)

先輩達の課題研究発表が終わり、3日ぶりの作業です。

そんな今日はめっちゃええ天気。

120229_R.jpg

もう春やなーとのんきなこと言ってたら、棟梁に「明日の最高気温は5度。そして、雨」と言われてしまいました。

もう3月ですよ?

美濃に春は来ないのか?

そんなことを考えながらも作業は進みます。


本日は階段の踏み板にオスモを塗るところから始まりました。

乾かすために厚さ30mmの板を立てて並べてます。

みなさんもお気づきだと思います。

僕達もわかってます。

でも接地部分は少ないに越したことはないのです。

でも・・・

やっぱり・・・

案の定ドミノ倒し。

並べなおして気をつけていましたが、やっぱりもう一度倒し・・・

さらには直しながらもう一回。

周りは良く見て行動しましょう。


次は屋根です。

屋根の上でも事件は起こっています。

実は施工不良による雨漏りが発覚。

いろいろごまかし・・・ではなく、残された時間のことも考え現実的な手法を模索。

ろくな考えは浮かばず、やりなおしが決定。

急遽ツインカーボをはずして垂木の位置も調整。


120229-1_R.jpg

最後はエンジニア科の先輩Oくんも参加してくれて、なんとか終了ー!!

120229-2_R.jpg

そんなことがあった屋根の上。

今日はものづくりの先輩Hさんとわざわざ岩手から来てくださいましたお友達さんにもあがっていただきました。

120229-3_R.jpg

ハイテンションなお友達さんと怖がるHさん。

120229-4_R.jpg

こんなことになるとは思ってもみなかったでしょう、Hさんにとっては事件ですね。

無理やりこじつけで、今日もおしまい。


記:堤(木造建築講座1年)


0 件のコメント:

コメントを投稿