2013年6月18日火曜日

高性能林業機械操作演習二日目@(株)ヨシカワ中津川営業所

高性能林業機械実習の2日目です。
今日は4班に分かれて実習です。

1班:フォワーダ
グラップル操作と前進,後進作業を行います。


2班:ストローク式ハーベスタ
伐倒,造材の一連動作を行います。
操作箇所が多いので,今日だけでは習得できませんが,
ボタン操作だけでも,習得するまで経験が必要という
ことが分かったかと思います。




3班:グラップル
実際に丸太を掴んだり,離したり
基本操作を体験しました。



4班:バックホウ
林業では作業道開設に使われることが多いです。




いずれの機械も,多くの林業現場で使われており,
卒業後,林業に就職すると,必ず操作することになると思います。

追加で(株)ヨシカワで扱っている商品の
説明もして頂きました。

手に持っている白い粉が商品です。



自然の鉱物素材であるケイ酸を主原料とした凝集剤で,
沈殿しにくい粘土やシルト分を含む泥水に,
この白い凝集剤を入れると

泥水が,


10秒~15秒振っただけで,

あっという間に透明になります。
しかも再び振っても再度交じり合うことはありません。


林業現場で用いるレンタル機械は,クローラなどに泥が付着する
ことが多く,洗浄が必要になります。洗浄した際に泥水が発生するため,
この凝集剤を使って沈降させるとのことです。


作業道の開設現場では,濁水の問題が発生しないよう,
水の処理に気を使う必要がありますが,
機械をレンタルする現場でも水の処理に気を使っているのですね。

今日で機械の(株)ヨシカワ中津川営業所での機械実習は終了です。
2日間にわたり,実習のお世話を頂きました,

(株)ヨシカワの皆様ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿