2013年11月7日木曜日

チェンソーによる伐倒実習

エンジニア科の伐採搬出実習です。
今日はチェンソーによる伐倒の実習です。
基本動作を習得するために、平地での練習からスタートです。
所有者の方の厚意により、実習地をお借りすることができました。

リールチェーンをつなぎ、与えられたチェンソーに合う
ソーチェーンを各自で用意しました。

 

始動する前に、自分のソーチェーンに入れ替えて、
各所を点検して実習スタートです。


ソーチェーンを着脱することも、大切な練習です。


伐倒の実習といっても、
ただ受け口、追い口をつくって伐倒するだけではなく、
ロープワークや滑車のつなぎ方など、
いろいろなことを覚える必要があります。


まずは「まき結び」「もやい結び」をマスターしてもらいます。
上の写真では、結び方はどこかおかしいですね…





枝払い、玉切りも行います。



また玉切りした材はトビを使って道端に整理します。

チェンソーの扱い方は、まだ不慣れなところもありますが、
たくさん使って基本動作を習得して欲しいですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿