2013年12月3日火曜日

今年も『森林経営計画実習』はじまりました

 クリエーター科林業再生講座では、2年間の学びの総仕上げ的な実習『森林経営計画実習』があります。今年も、演習林を対象に、各自で経営計画を立てるというお題で、2週間の集中的な実習が始まりました。

 初日の昨日は、午前に森林経営計画のあらましに関する講義を行い、午後には フォレスト・ミッションの藤野さんを招いて「森林経営計画の実際」と題しての講義をしていただきました。これらの講義で、経営計画の概要と、その甘いところや酸っぱいところ、苦いところが、何となくでもわかったのではないでしょうか。



 今日からは、最終日の発表に向けて、演習林の調査・方針の検討と決定・長期計画と短期計画の作成など、経営計画を作成する作業です。単にひな形を埋めるだけではダメです。「なぜ、そう考えるのか」、「その計画によるメリットとデメリットは」など、作成過程での思考を重視します。それを、きちんとわかるように伝えられることも求めます。

 今日は、学生3人が手分けをして、必要な情報の収集と整理をしています。明日以降、それをもとに演習林を観察したり、必要な調査を行うこととしたようです。こうした段取りも、学生が自分たちで考えます。

 来週金曜日の発表が楽しみです。


  by 横井秀一


0 件のコメント:

コメントを投稿