2014年6月30日月曜日

一般の方も参加できます! 七夕のイブニングトーク 〜岐阜と福島をつなぐ〜

きたる7月7日、七夕の夜に森林文化アカデミーにて、一般の方にもご参加頂けるトークイベントを開催致します!テーマは「岐阜と福島をつなぐ」です。 岐阜と被災地・福島をつなげる活動をしていらっしゃるNPO法人KIプロジェクト理事長の鎌倉庄司さんをお招きして、福島の子どもたちの保養活動や子どもたちの現状を中心にお話し頂き、それぞれの場所で被災地とどのように関わり、つながり続けることができるのか考える夜にしたいと思っています。

日時:2014年7月7日(月) 17時~18時半(16時45分開場)
場所:森林文化アカデミー内 アカデミーセンター学生ホール
講演:鎌倉庄司氏(KIプロジェクト理事長)
参加費:無料

NPO法人KIプロジェクト(気持ち・いっぱいプロジェクト) 
中部地区を中心としたボランティア団体。継続的なボランティアバスの企画・運営や福島周辺の子どもたちを中部地区に招き入れる「保養活動」、震災遺児や震災孤児を支援する事業、復興支援のための商品の企画・販売で、遠くからでも、誰もができる被災地を支援する活動を続けている。





なぜ森林文化アカデミーでこのようなテーマを取り上げるのかと申しますと…

森林文化アカデミーでは夏に『もりもりキャンプ』という、岐阜の子どもたちと福島の子どもたち(小学1年生から6年生まで)を対象にしたキャンプを実施しています。アカデミーとその周辺に広がる森や小川を舞台にした、5泊6日ののんびり自由なキャンプです。

これはNPO法人KIプロジェクトの「福島キッズわくわくプロジェクト」との共催企画で、今回はキャンプを前に、理事長の鎌倉庄司さんにお話を伺うことにしたのです。

また、アカデミーでは『コロキウム』という、学生教員みんなで一つのテーマについて考える面白い授業があります。そして今年のテーマは【3.11後の社会を考える】です。アカデミーで学ぶ私たちにとっても、例えば汚染された山林の問題などは直接関わってくる問題ですし、これからの社会で生きていくにあたって向き合わずにはいられない問題でしょう。

では私たちは具体的にどのように関わり、向き合っていけばいいのだろうか?

きっと多くの人が考えていることではないでしょうか。フリートークの中で関わり方・向き合い方のヒントになるような交流ができたら、と思っております。

イブニング・トークは誰でも参加大歓迎です。
ぜひ気軽にご参加ください!

(ものづくり講座1年 岸田万穂)

0 件のコメント:

コメントを投稿