2015年3月31日火曜日

演習林ヒノキを使った学長室の会議用テーブルが完成し、納品いたしました。

みなさま、覚えてらっしゃいますでしょうか。クリエーター科1年生の木工を学んでいる学生たちは、昨年11月よりテーブル制作の授業を行ってきました。そのことについて紹介した記事がこちらです

今年の課題は「学長室の会議用テーブル」でした。現在使われている集成材を使った味気ないテーブルではなく、演習林のヒノキを使ったアカデミー産材のアカデミー学生の制作によるテーブルです。

11月に授業が始まり、制作を行ってきましたが、さまざまな事情があり授業内で終わることができず、年をまたぎ、途中1年生全員で行う展示会なども入ったために中断することにもなり、長い時をかけて作ってきました。そして、年度末日となった今日3月31日にようやくすべての工程を終え、晴れて学長室に納めるテーブルが完成しました。

出来上がったテーブルはこちら


3人学生がおり、1人1台制作しました。演習林のヒノキと天板の中心に広葉樹を合わせプレミアム感を演出するアクセントにしました。広葉樹は上の写真の手前からヤマザクラ、ナラ、ホオの木です。それぞれまったく趣が異なる色や木目です。

さらに、塗装方法も1台ずつ違います。ヤマザクラを使った手前のものはオイル仕上げ。真ん中のナラを使ったものは森林文化アカデミーで育てたニホンミツバチの巣からできた蜜蝋。そして奥のホオを使ったものは水性ウレタンで仕上げました。それぞれ手触りも色合いも全く異なるテーブルになりました。


 それぞれのテーブルを担当した学生さん。落ち葉が色づき、散り始めたころに制作を開始したこのテーブル。それが、桜が咲き乱れる春に完成したところがなんとも感慨深いです。



そして、最後の大仕事、納品です。えっこらえっこら学長室に運び込みました。


ビフォー


アフター

これで晴れて1年間の学びを終えた木工の学生たち。基礎技術・基礎知識をもとに、2年目は個々の課題に取り組んでいきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿