2015年6月3日水曜日

花フェスタに「森のようちえん」がやってくる!     【6日間限定!森のようちえんプチ体験】




デンマークの一人のお母さんが近所の子どもたちを集めて森の中で保育したことがきっかけではじまったと言われる「森のようちえん」。その後ヨーロッパに広がり日本でも、そしてここ岐阜県でも広まりつつあります。

その「森のようちえん」が、花フェスタ記念公園で6日間だけオープン! 


森林文化アカデミーの森を舞台に、県内初の森のようちえんとしてスタートした「森のだんごむし」のメンバーと私、“ナバ” がご案内します。








 
 自然環境を活用した幼児期の子育てという点では共通していますが、活動スタイルは多種多様です。

 花フェスタの森のようちえんでは、公園の中のどこにでもあるような山の中を、いつもとちょっと視点を変えて歩いてみたり、すべってみたり、はいずりまわったり、はたまた生きものや葉っぱや木の枝で遊んでみたり…。


 特別な活動やプログラムはありませんが、身近な里山の自然を舞台に自由に遊ぶ時間と空間が用意してあります。









 一緒にいる大人は子どもたちの中にある「様々な力」を信じて辛抱強く見守ることを意識的にやってみましょう。でもそうしていると、ぐんぐんその力が姿を現しはじめるからオモシロイ!


2時間だけのプチ「森のようちえん体験」。この機会に是非遊びに来てください(無料)

団体でのご参加(幼稚園・保育園)も大歓迎です!







開催日:6月13日(土)・14日(日)・15日(月)・17日(水)・19日(金)・20日(土) 
時 間:①10:00〜12:00 ②13:00〜15:00
対 象:年少から年長
    (基本的には保護者なしで参加できるお子さん。どうしても無理な場合は親子でも可)
定 員:毎回15名程度(団体枠については別途ご相談ください)
持ち物:虫除けや帽子。野外で活動できる服装。着替えがあると望ましい。カッパ&長靴(雨の日)
参加費:無料(大人の方のみ花フェスタへの入場料が必要です)

申込み:事前申込み0574−63−7373(花フェスタ記念公園)
    申込み時に必要な内容:お子さんよおび保護者の方の氏名、年齢、性別、住所、
    当日連絡のつく携帯番号。団体の場合は引率責任者の情報で結構です。

集 合:各回開始時間の30分前に「森とつながる自由な広場(芝生広場奥)」までお越し下さい。
協 力:野外自主保育「森のだんごむし」

内容に関するお問い合わせ:090−9239−9187(萩原)


「森とつながる自由な広場」では、他にも以下のようなプログラムを実施しています。





「トントン・カチカチ自由な木工ひろば」
大人の手出し口出しゼッタイ禁止! 廃材や木の枝を利用した自由工作ワークショップ

6月13日(土)・14日(日)・15日(月)・17日(水)・19日(金)・20日(土) 
①10:00〜12:00 ②14:00〜16:30(21日は午前中のみ) *材料なくなり次第終了
対 象:子ども
参加費:無料(時間内で同時に15名程度)
申込み:不要(時間内いつでも受付。受付時に空きがあれば参加可能)
協 力:みのプレーパークの会






「森の色鉛筆づくり」
生木を削って作る君だけの「森の色鉛筆」
6月13日(土)
①10:00〜12:00 ②13:30〜15:30
対 象:親子
参加費:無料(各回10名程度)
申込み:事前に予約してください。0574−63−7373(花フェスタ記念公園)
*個人差はありますが、1組3本程度作れる予定です。
協 力:みのインタープリタークラブ&グリーンウッドワーク協会





「蜜蝋(みつろう)
    キャンドルづくり」
園内のニホンミツバチの巣箱から蜜蝋を取り出してキャンドルづくりに挑戦!
6月20日(土)
①10:00〜11:30 ②13:00〜14:30 ②15:00〜16:30
対 象:一般
参加費:1本500円
申込み:当日会場にて受付け
協 力:ニホンミツバチ協会


*期間中に蜜蝋が集まらない場合は中止することもありますのでご了承ください。


自然体験活動指導者・インタープリター養成コース
なんちゃってせんせい
萩原ナバ裕作

0 件のコメント:

コメントを投稿